昭和50年頃まで「南社宅」(電気化学青海工場南社宅)という人口4000人ほどの集落があった。時代の流れとともに分散し、今は影形もない。せめて当時の写真だけでも・・・。  お盆には光徳寺本堂に50点ほどを展示します。
「南社宅のホームページ」は只今作成中
◆ 稲荷神社の春祭り
 何と言っても南社宅一番の想いでは  「お祭り」。この祭り衣装を着るために学校から競争して帰ってきたとか。そして、一番の目的はこの衣装を着た者だけがもらえるオヤツ。
(写真は昭和40年代)
↑PageTop
◆ 南社宅の全景
 板ヶ峰からの社宅全景
幾棟にも及ぶ社宅は、最盛期で800世帯を超えた。今はこの影すらない。
 左は桜咲くころの板ヶ峰からの夜景
「万キロ」と呼ばれたカーバイトの光がまばゆい。
(写真は昭和40年前後)
↑PageTop
◆ 南社宅の風景
 南社宅での結婚式のの風景
「オチョウ」「メチョウ」を先頭に花嫁行列がはじまる。ドッと集る人だかり、当時の近所付き合い・人情みが伝わる。今だに当時を懐かしみ当時の隣・近所で集っている方もおられるとか。
(写真は昭和30年前後)
↑PageTop
トップページ